試合結果 vs マロンビーチ
≪前の試合 次の試合≫


123R
マロンビーチ44311
ROUTE90817
日時2018年08月19日()  12時30分 〜 14時20分
種別 練習試合
球場大津球場
試合内容FLリーグ宿敵のマロンビーチ(以下MB)さんとの練習試合。

RT先発は期待の新人山名。これまで軟式球の取り扱いに苦しみ制球が定まらない中、
できるだけ経験を積ませるべく先発として指名。
初回MB攻撃陣に対し、ストライクは入り始めたもののばらつきがあり、5四球に長打
を浴びて4失点。

一方その裏RTの攻撃は、同じく制球に苦しむ相手投手から、1死後に3つの四死球と
田口尚の満塁本塁打など6長短打を集めて一挙9得点と逆転に成功。
大量リードで気を取り直して臨む山名だったが、2回も投球がばらつき、4つの四球に
味方の2失策が絡み4点を献上した。

3回からは予定通り2番手として田口尚をマウンドに送り込む。その田口尚は簡単に2
アウトをとり、試合が落ち着くかと思われたが、四球、安打、バッテリーエラーなどで
3失点とMBに再逆転される。
しかし、その裏RT打線は再びつながりのある攻撃を見せ、四球・安打で塁を賑わせる
と、大野の犠飛、相手守備陣の乱れにつけ込む2ラン内野安打などで8得点と再び逆転。

稀に見るノーガードの打ち合いで、4回表のMB攻撃中に時間切れで試合終了。

この日のテーマであった山名の投球は、以前より制球に改善の兆しが見られたものの、
試合を作るためにの制球の安定化や、直球以外に勝負できる変化球の習得が望まれる。
練習や実践を通して経験を積んでいってほしいところである。

守備はいくつか失策(遊撃トンネルは筆者の不徳の致すところ)も見られたが、打線の
繋がりや、次の塁を狙う積極的な走塁が随所で見られた。

今後のリーグ戦や秋の区民戦に向けて好調を維持していきたいところである。
(昆野)

打者成績 凡例
打順守備選手名123








1体験 入団二ゴ中飛右安②●
2山名 大翔死球●三振左二①
3昆野 博文四球●二飛投ゴ1
4伊藤 雄大左安①●四球●
5田口 暁夫左安①●四球●
6舛添 唯基四球●左安①●
7大野 耕也中安①●左犠①1
8山路 徹左安②●右安●
9大城 政貴遊内●投飛
10田口 尚樹左本④●四球●
11石居 将野遊ゴ三内②●
12菅野 祐太郎三ゴ中安①●
投手成績
投手名 投球回数



















山名 大翔2回0/3661838120000 
田口 尚樹1回0/333002020000